アーユルヴェーダ流ヘッドスパで心身共にリラックス

サロン

ヘッドスパとは…?

そもそもヘッドスパとはどのようなものですか。
頭皮マッサージやヘアトリートメントとは何が違うのでしょうか?

確かにヘッドスパっていまいちピンとこないわよね。
まずは一般的なヘッドスパが何を指しているのか知る必要がありそうだわ。

ヘッドスパの3つの目的

ヘッドスパにはヘアケア・スカルプケア・頭皮マッサージの3つの目的があるとされているわ。

ヘアケア

毛髪のダメージを補修するなど、髪質の改善を行います。

スカルプケア

頭皮や髪の毛穴の汚れを取り除いたり、頭皮環境を整えることで抜け毛やフケ・かゆみなどの症状を改善します。
炭酸水や超音波を利用した洗浄が人気となっています。

ヘッドマッサージ

マッサージやツボ押しにより血行促進・新陳代謝を促し、育毛効果を高めます。

目的としてはスカルプケアに近いですが、その効果は毛髪や頭皮環境のみに限らないようです。
最近では頭蓋骨を矯正して顔のゆがみを整えたり、小顔効果や片頭痛の改善などの効果のあるマッサージ法も取り入れられています。

最近ではヘッドスパと言えば超音波ヘッドスパや炭酸ヘッドスパのようなスカルプケア重視のものが人気みたいよ。

ヘアケアはシャンプーやトリートメントを使ってもできますからね。

ヘッドマッサージも、最近はそれだけで独立した施術になってることが多いわ。

ヘッドスパの誕生と進化

実はヘッドスパはアーユルヴェーダの施術を元に作られたと言われているの。

ヘッドスパという名前からして、てっきり欧米由来かと思っていました。

スパ=温泉?

日本で正式に「ヘッドスパ」という名称が商標登録されたのは平成15年のことです。
商標登録されているということは、つまりヘッドスパという単語は商品名であり、国内で作られた造語だということです。

スパ(Spa)にはもともと「温泉」「温泉地」などの意味があります。
そこから温泉を利用した治療や治療施設のことも指すようになり、さらに変化して医療・健康・美容などを取り扱うサービス全般に使われるようになりました。

つまり、ヘッドスパとは頭髪や頭皮の健康維持や、より美しく見せるための施術という意味合いになります。

ヘッドスパのルーツはアーユルヴェーダ

ヘッドスパはアーユルヴェーダで行われる頭皮の施術をもとにしたものだと言われていますが、具体的にいつ頃・誰が伝えたのかなどの情報は不明です。

インドネシアのバリ島にもクリームバスと呼ばれる頭皮と毛髪のケアを目的としたヘッドマッサージがあり、どちらかというとこちらの方が日本のヘッドスパの施術に近い形だと感じます。
また、バリ島は日本人にもなじみ深いリゾート地でありスパ・エステ施設が多いため、日本でクリームバスを再現したものがヘッドスパの原型となっているのではないかと推測できます。

とはいえ、クリームバスのルーツもアーユルヴェーダだと言われているので、アーユルヴェーダからクリームバスへ、クリームバスからヘッドスパへという風に段階的に日本に伝わってきたのではないでしょうか。

クリームバスはバリ島では400年前から行われている施術なのよ。

日本だと江戸時代くらいでしょうか。
アーユルヴェーダに比べると浅いですが、それでも結構な歴史がありますね。

アーユルヴェーダ式ヘッドマッサージとヘッドスパの違い

ヘッドスパは原型となったアーユルヴェーダの施術とはかなりかけ離れたものになっていますね。

そうね。
アーユルヴェーダ的な要素はほとんど残っていないと言っても過言ではないわ。

医療か?美容か?

アーユルヴェーダは日本ではオイルマッサージサロンなどの美容関係の施術が有名ですが、もともとは予防医学です。
施術はすべて医療行為であり、健康維持や病気治療が目的となります。

ヘッドスパももちろん頭髪や頭皮環境の健全化という側面はありますが、見栄えを良くするという美容効果が重要視されています。

効果は全身?頭部のみ?

アーユルヴェーダで行われるヘッドマッサージは、施術自体は頭部のみですがその効果は巡り巡って全身に表れます。
特にシロダーラなどの施術は精神的な作用も大きく、高いリラックス効果を得ることができます。

一方、ヘッドスパはいかに頭部の環境を改善できるかということに特化しています。
ツボ押しなどによるリラックス効果や肩こり・頭痛の改善などの効果はありますが、アーユルヴェーダの施術に比べるとその効果は限定的だと言えます。

頭髪・頭皮の悩みだけならヘッドスパの方が向いてるのでしょうか?

状況によるわね。
例えばフケが気になる場合、自分が気付いていないだけで頭皮以外も乾燥している可能性もあるし…。

アーユルヴェーダならそういう場合も対処できるけど、ヘッドスパだと一時しのぎにしかならないかもしれないわ。

伝統的?最先端?

アーユルヴェーダの施術で使用されるオイルやハーブはすべて古来より使われてきた伝統ある素材です。
5000年もの間受け継がれてきたものなので、現代になって急に新しい技術が取り入れられるということはほぼありません。

しかし、ヘッドスパはアーユルヴェーダをルーツとしているとはいえ現代になってから作られたものです。
常に改良の余地があり、新しい技術が次々と導入されています。

新しい物好きな人にはヘッドスパの方が人気が出そうですね。

実際ヘッドスパの方が、カットのついでに勧められる機会も多くて身近だものね。

タイトルとURLをコピーしました